山梨県在住のゲイセックス体験談

山梨県でジョギング中に出会ったイケメン!

俺の毎朝の日課であるジョギング。
最初は家の近くで走っていたんだけど、なんとなく気分を変えたいなーと思って、ジョギングコースのある公園に行ってみた。
そこで1人の男性と出会った。

彼も俺と同じく毎朝のジョギングが日課なのか、俺が行くと必ずすでに居る(笑)
彼は俺と会うといつも「おはようございます!」と爽やかに挨拶してくれた。
挨拶だけじゃなくて、見た目も爽やか。
女の子にモテそうな若いイケメン君なのだ。

出会ったばかりの頃は挨拶程度だったけど、何度も会ううちに、だんだん会話も交わすようになり、すっかり仲良しに(笑)

彼の名前はS君、21歳で、フリーターをしているとか。
俺より10歳も若いイケメンにドキドキしたが、「きっとノンケだよなー」と期待はしないでおいた(笑)

期待はしないとはいえ、あまりにもカッコいいS君との出会いに、俺はドキドキしっぱなしだった。
時々雨が降っていてジョギングに行けない時なんかは、結構ガッカリしたしね(笑)

S君に対する想いが日に日に膨らんでいった俺は、S君に「なんかモテそうだよねー、それだけイケメンなら彼女とかいるでしょ?」と聞いてみた。

「きっといるだろうなあ…」と思っていたら、なんと「僕ずっと彼女いないんですよ」というお答えが。
しかも、「なんかあんまり女性に興味がわかないんですよねぇ」と、俺を期待させるような一言を言い放った(笑)

「え…それってもしかして」と俺が言おうとしたら、
「あ、すいませんなんか変なこと言っちゃったかも」と少し慌てるS君(笑)

俺は何故だかS君の手を握り、「変じゃないよ」と言った。

お互いにジョギングを終えたばかりということもあって、俺の手の平もS君の手の平もじんわりと湿っていた。

「俺もS君と同じで、興味ないんだよ」

心なしか頬が赤くなっていくS君。
俺の手も振り払おうとせず、むしろ強く握り返してきた。
俺はS君もゲイであるということを確信し、「これからどこか別の場所へ行かないか」と提案した。

ちょうど公園の中にトイレがあるから、俺としてはもうそこですぐにでもヤリたいって感じだったけど、やっぱりトイレは公共の場だしね(笑)
「別の場所…?」
そう聞いてくるS君に、「男同士OKなラブホがあるんだよ」と、耳元で囁いた。
S君は深呼吸をして、恥ずかしそうに、ゆっくりと頷いた。
後から聞いたけど、ゲイに誘われたのは初めてだったから、相当緊張したらしい(笑)

そのまま一緒に俺の家まで行って、俺の車でラブホへ出発!
「シャワー浴びたりしてからのほうがよくないですか?」と言われたけど、「着いてから一緒に入ろうぜ」と言った(笑)

ラブホに着いてすぐに2人でシャワーへ。
爽やかイケメンS君の裸体は引き締まっていた。
まあ俺も自分の肉体には結構自信があるけどね!(笑)
引き締まった身体から漂うほのかな汗臭さで、俺のペ○スはどんどん膨らんでいった。
俺の勃起したペ○スを見て、S君のペ○スも勃起!
S君はこの時も恥ずかしそうにしていたなあ(笑)

シャワーの後は俺がタチとなり、S君がウケ。
アナルにペ○スを挿し込まれたS君は、爽やかな風貌とは違った「ウオォォォ!!」という、獣っぽい喘ぎ声を出していた(笑)

それ以来、俺とS君はたまにヤるようになった。
ま、セフレってことになるのかな?
ちなみにお互い相変わらず、毎朝の日課(ジョギング)は続けている。

爽やかに走る姿と獣のような喘ぎ声を出す姿…
どちらのS君も大好きだ(笑)

-山梨県在住のゲイセックス体験談

私が出会った登録無料ゲイ出会いサイト

業界1位の会員数を誇るDANGUN

『同性愛者・女装子・NH』様向けに業界情報を逸早く発信する登録無料の『コミュニティポータルサイト』です。登録会員様も業界最大級を誇り、普段の生活同様に利用していただく事で、自然なコミュニケーションが取れたり、情報が得られるコンテンツがいっぱい。

同性愛の恋愛ならBIBLE

「初心者アナルを開発してくれませんか?」「でかいチンポ舐めたいです」「アナルセックスがしたい!」そんな書き込みが毎日アップされています。
ゲイ同性愛者の探し方は、登録の後、大人の掲示板から「同性愛」へ進む、またはプロフィール検索で探す相手を「男性」にして「さらにこだわる」→「興味のあること」で「同性愛」にチェックを入れて検索すればプロフに「同性愛」を選択した男性会員だけが表示されますので気に入ったコメントの相手にメールをしてみましょう。

同性愛を探すなら【メンズクラブ】

MEN'S CLUB は、国内最大級のゲイ専門出会い系サイトです。ホモ ・ ゲイ ・ 同性愛など男同士の出会いを応援します!又、悩み相談や発展場情報、フケ専オケ専や熟年コミュニティなどコンテンツがあります。