沖縄県在住のゲイセックス体験談

俺の尿で便器と化した変態ゲイプレイ

2017/04/20

トイレで用を足している時。
俺は自分の尿を見ながら、ふと考えた。
「これ、誰か飲まないかな」

尿を飲ませるという変態的な行為は、俺の好奇心を刺激した。
そうなったらもう試すしかない。
俺は出会い系サイトに「尿を飲んでくれる方募集」という書き込みをした。

「書き込みを見ました」
ツカサという♂からメールが来た。
170/60/24で、「お願いです。どうかクチマンコにたっぷりと尿を注いでください」という、飲尿希望の変態だ。
顔は決してカッコよくないが、「便器になりたい願望強し」という点で好印象w

俺はツカサにじゃんじゃん尿を注ぎ込むため、事前に大量の水分を摂取しておいた。
そのためツカサが俺の家に来た時、すでに激しい尿意に襲われていたw
なんとか我慢しながら、ツカサを風呂場へ連れて行く。
全裸にして、縄でギッチリと縛り、一切身動きが取れない状態にw

「自分をトイレだと思い込めよ?」

「わかりました。早く注いでください…」

「え?注ぐタイミングは俺が決めるんだがwトイレのくせに生意気だな」

「あっ…すいません!」

「まあいいよ。クチマンコじゃなくてまずはここにかけてやろう」

俺はツカサのチンポコに尿をかけた。
もう尿がかなり溜まっていたため、本当はシャーッ!と思い切り出したかったんだが、クチマンコへ注ぐ量をとっておかなければと思い、チョロチョロと少量だけ出した。

「あっ…ああっ…そんなところに…」

チンポコに尿を掛けられたツカサは、恍惚の表情を浮かべていた。
そして、俺の尿にまみれたツカサのチンポコが、どんどん元気に…。
まだケツマンコに注がれていないというのに、もうフル勃起とはw

かたくなったビンビン勃起チンポコを、すかさず手コキ。

「だ、だめです!すぐイッちゃいます!便器のくせにもうイッちゃいそうです!」

「良いよイッて、ほらイケよ!俺の尿とおまえの雄汁、コラボさせようぜw」

あぁぁぁ~…とツカサが叫ぶと、雄汁がどっぷりと出てきた。
俺の尿とツカサの雄汁が見事に混ざり合い、スケベで汚らしいコラボレーションが実現したw

「さて、次はいよいよケツマンだ。口開けろ」

「はっ、はい…お願いします…」

ツカサが大口を開けて俺の尿を待つ。
俺はツカサの口へジャーーッともっのすごい勢いで尿をぶちまけたw
ツカサが多少むせてもおかまいなしで尿を注ぐw
パンパンになった膀胱がどんどんスッキリしていく…。

膀胱に溜まっていた全ての尿を出し切り、爽快感に満ち溢れる俺。
ツカサは一気に飲みきれず、口の端から尿を垂れ流しながら、ゴクリ、ゴクリと、ゆっくり音を立てながら飲み込んでいた。
再び勃起していたので、さっきと同じように手コキをしてやったら、またもや即イキw
口からは尿を垂れ流すわ、チンポコからは雄汁を垂れ流すわで、便器(ツカサ)は大忙しだったw

-沖縄県在住のゲイセックス体験談

私が出会った登録無料ゲイ出会いサイト

業界1位の会員数を誇るDANGUN

『同性愛者・女装子・NH』様向けに業界情報を逸早く発信する登録無料の『コミュニティポータルサイト』です。登録会員様も業界最大級を誇り、普段の生活同様に利用していただく事で、自然なコミュニケーションが取れたり、情報が得られるコンテンツがいっぱい。

同性愛の恋愛ならBIBLE

「初心者アナルを開発してくれませんか?」「でかいチンポ舐めたいです」「アナルセックスがしたい!」そんな書き込みが毎日アップされています。
ゲイ同性愛者の探し方は、登録の後、大人の掲示板から「同性愛」へ進む、またはプロフィール検索で探す相手を「男性」にして「さらにこだわる」→「興味のあること」で「同性愛」にチェックを入れて検索すればプロフに「同性愛」を選択した男性会員だけが表示されますので気に入ったコメントの相手にメールをしてみましょう。

同性愛を探すなら【メンズクラブ】

MEN'S CLUB は、国内最大級のゲイ専門出会い系サイトです。ホモ ・ ゲイ ・ 同性愛など男同士の出会いを応援します!又、悩み相談や発展場情報、フケ専オケ専や熟年コミュニティなどコンテンツがあります。